街コンで会った女から怪しさ抜群のホームパーティーに誘われて行った話

怪しいホームパーティーの様子

みなさんこんにちは。
弱小ブロガーのたぴもちです。

あなたは街コンで知り合った女の子から
「ホームパーティーに誘われたことはありますか?」

交友関係の深い友達でもなければ、
以前からの知り合いでもない。

街コンで会って15分ぐらい話をして、
知り合いになった女の子からです。

開催場所も飲食店やビルの一室ではなく、
「マンションの一室。」

普通の感覚をお持ちの方なら、
まず怪しいと思うでしょう。

  • マルチ商法の勧誘
  • 宗教の勧誘
  • 高額商品の販売
  • 何時間か監禁される

考えれば考えるほど怪しさ倍増です。

何をされるんだろう。
本当の目的が他にあるのでは?

そう思うのが当然です。

私は街コンに相当数参加していますが、
女の子から誘われることは、
風呂上がりの和田アキ子以外ありませんでした。

水しぶきを受ける女性街コンで会ったブスをエッチ目的にご飯に誘ったら、精神状態がやばかった話

しかし今回シャンクレール主催の横浜街コンで会った女の子から、
ホームパーティーのお誘いが。

シャンクレール主催の横浜街コンシャンクレール主催|金曜夜開催の横浜街コンに参加したらパリピがいた話

私も出会い系の記事を書く、
弱小ブロガーとしての意地があります。

もしも悪質だった場合私が人柱になるこで、
二次被害を防ぐことができるかもしれません。

死ぬことはないだろうし本当にやばかったとしても、
「ネタ記事ぐらいにはなるだろうと思い」

そのホームパーティーに、
参加してみることにしました。

  • 怪しいホームパーティーの真実
  • どのような人が参加しているのか
  • 最終的にどうなったのか

という情報を知りたい方は、
この記事を参考にしてみてください。

怪しさ抜群のホームパーティー

巧妙な誘い手口

街コンで知り合った女の子と、
ラインでやりとりしていた時のこと。

パーティー女「たぴもちさんて面白いですねーw」

パーティー女「今度ご飯でも行きましょう!」

壊滅級のブスやマツコデラックス級のデブ以外の女の子から、
このように誘われれば誰だって嬉しく思います。

私もその時は舞い上がって、

たぴもち「ご飯でも、麺でも大丈夫です。ぜひ行きましょう!」

と返信しました。

それから返信が無かったので、
乗り気じゃなくなったのかなー。

なんて思っていたら二日後こんなラインが。

パーティー女「麺でも良いねっw」

パーティー女「ていうか、明日か明後日の夜空いていないの?」

パーティー女「ホームパーティ開くから友達できるかもよーって思ってお誘い。」

最初の目的がご飯に行くから、
ホームパーティーで友達作りに。

最初ご飯に誘われた時の嬉しさがあったせいか、
ホームパーティーと言われた時に、
何も違和感を感じませんでした。

今思えばこれがパーティー女の、
違和感を無くすための誘い方だったのです。

ご飯に行こうと誘っておきながら、
本当の目的はホームパーティに参加してもらう。

「ご飯に行くとホームパーティーに行く」を、
頭は同一のものと認識してしまうのです。

2つのホームパーティを提示される

私がパーティーに参加する意思を示すと、
パーティー女はすぐに、
2つのホームパーティーの詳細を送ってきました。

一つ目のホームパーティー

DJ Music Event

「そもそもホームパーティーじゃない。
クラブイベントやんけ。」

そう思ったあなたは鋭いです。

私もここで、あーこれはそういう類のやつか。

と気づきました。

よほどのアホでない限り、
この段階で業者か怪しい個人だと疑います。

DJ Music Event

イベント名:DJ Music Event
開催日:9月21日(土)
時間:20:00〜22:00
参加費(1ドリンク付):男性 2,500円・女性 1,500円
場所:Music Bar VRAIMENT 東京都品川区東五反田1-11-5バルミー五反田B1F
Artist:Sho/CHEGA

アーティストもいるようですが誰だか不明。

DJイベントが好きな人以外は、
まず行きたいと思いません。

しかも開催場所が「東京の品川」
(私の住まいは神奈川)

普通のDJイベントを、
街コンで会った女の子から紹介されて、
行きたいと思う人はいるのでしょうか?

二つ目のホームパーティー

パスタの写真

ラインのノート機能で、

  • パスタの写真
  • アクセスマップ
  • 部屋に入るまでの方法
  • 部屋の内装

の画像と以下の紹介文が送られてきました。

秋の味覚祭り
イベント名:秋の味覚祭り
〜秋の食材を使った、フランス帰りのシェフが創る本格料理〜
会場:Studio P
住所:東京都港区海岸3-7-18ALTO B 901
※最寄り駅 田町駅
田町駅より少し歩くので、19:30に田町駅到着目安が良いかと思います(^^)

 

日時:9/22
受付開始:19:45〜
乾杯:20:00
終了:22:00
会費:男性 ¥5000 女性 ¥3500

 

9月も中旬!
秋をみんなで語りながら、ワイワイ盛り上がりましょーっ(о´∀`о)!

そしてなんと、
本場フランス🇫🇷で学んできたシェフが秋の食材を使った料理を提供してくれますっ

分からないことがあれば、遠慮せずきいてくださーいっ(^O^)

完全な定型文。
瞬時に作成したのではなく、
同じものを使いまわしているようです。

会費は少し値上がりしますが、
男女の出会いの場所と考えれば、
高くはありません。

一つ気がかりなのはやはり場所。

「マンションの一室」で開催される怪しさです。

しかもここの開催場所も東京(私の住まいは神奈川)

女子目線から見ると、

「フランス帰りのシェフが料理を作る。」

というフレーズから、
食べることが好きな女子には、
興味を示しやすい要素あると感じました。

しかし、それらを総合的に見たとしても、
怪しさ抜群のホームパーティーです。

参加する意思を伝えた後のライン

パーティ女に、
どちらがオススメか聞いたところ、
フランス料理のホームパーティーをすすめられました。

材料を揃える関係もあるので、
早急に参加意思を伝えて欲しいとのこと。

私もマンションの一室で開催される、
怪しいホームパーティーに興味があったので、
参加の意思を伝えることに。

たぴもち「それじゃ、秋の味覚祭りの方に参加してみようかな。」

パーティー女「ありがとう! またワイワイ楽しもうよ〜」

たぴもち「何か必要なものとかありますか?」

パーティー女「何もないですよーん(^O^)」

たぴもち「パーティー女さん結構このようなイベントやってるの?」

パーティー女「いやーっ 3回目かなぁ??」

たぴもち「そうなんだ。人数はいっぱい集まるの?」

パーティー女「集まるよー(^-^)」

たぴもち「凄いですね。集客がんばってください。」

というラインのやり取りを終え、
当日を迎えることに。

最悪の自体を想定する

  • 会社が倒産してしまった/li>
  • 道を歩いていたら自動車にはねられた
  • ガンが見つかり、余命半年と宣告された
  • 財布をすられた

人は生きている以上、
何かしらのリスクを抱えています。

今回の場合でいえば、

  • 商品を買わされる危険性
  • 監禁といった時間拘束
  • 言葉による洗脳
  • 暴力や恐喝による精神的恐怖

がそれにあたります。

もしそうなった場合あなたはどう対処しますか?

私が考える対処法は2つです。

「最低限の持ち物」
「証拠の記録」

最低限の持ち物

不利になる状況を避けるために、
取られたら困るものを持っていかない。

免許証や保険証といった貴重品は、
身分や職場がわかってしまいます。

クレジットカードは現金が足りなくても、
品物を購入できてしまいます。

怪しい場所にいく場合は、
「極力最低限の荷物で済ませましょう。」

今回は電車で会場に行くので往復の交通費。

会場に着いたら会費が必要なので、
会費と交通費が入ったsuikaと、
携帯以外は持って行きませんでした。

証拠の記録

恐喝や監禁の末に商品を購入してしまっても、
返金できる可能性は少ないです。

「そのためにも証拠を記録しましょう。」

恐喝や監禁されている最中には、
証拠写真を取ることなどできません。

それではどうやって証拠を記録するのか?

「一番簡単なのは録音です。」

携帯電話をお持ちの方であれば、
ボイスメモがあると思います。

事前に録音記録ボタンを押し会場に入りましょう。

携帯電話の残り容量と電池残量にもよりますが、
6時間ぐらいであれば、
なんなく録音できるはずです。

私も今回の会場に入る直前に録音開始し、
ホームパーティーに参加しました。

そして当日を迎える

行きの電車でパーティーオーガナイザーの存在を知る

あなたはパーティーオーガナイザーをご存知ですか?

私はこのキーワードをホームパーティー参加当日の、
「電車の中で知りました。」

会場まで行く途中に少しは事前知識が欲しいと思い、
「街コン ホームパーティー 危険」

というような検索ワードで検索していると、

「街コンの女の子から、
ホームパーティーに誘われた時は注意をしよう。」

という記事の中に、
「パーティーオーガナイザー」
という言葉がありました。

ネットで調べた情報によると、

パーティーオーガナイザーとは
何かしらのパーティーやイベントに、
人を呼ぶ事でお金を得る人。

資金や知識は必要なく、
人脈がある人なら誰でも簡単にできる仕事。

 

副業やサイドビジネスとしても人気があるようで、
月に5万円人によっては10万以上のお金を得る人も。

パーティーオーガナイザーを、
募集している企業も存在する。

という事でした。

もしや今回もそういった可能性もあるのでは?
と考えつつ目的地に向かいました。

会場に到着

怪しい会場

田町駅から徒歩20分。

当日は雨が降っていたので、30分ぐらいかかりました。

マンションに着いてから、
部屋の番号とインターホンを押します。

しばらくするインターホンから「どうぞー」という声が聞こえ、
エレベーターへの扉が開きました。

エレベーターで9Fに上がります。

部屋に進むとドアの前には消えそうな文字で
「OPEN」と書いてありました。

中は普通のマンションの一室

普通のマンションの一室

ドアを開けても玄関が長く、
すぐに内部の様子がわかりません。

しばらく進むと大きな部屋にたどり着き、
運営の方が受付を行なっていました。

会場を見渡すとすでに到着している男の参加者が数名。

運営女「こんにちはー。こちらに名前と出身地、
誕生日を書いてくださいねー」

置いてあった記入用紙に適当に個人情報を書きます。

運営女「後ろにあるガムテープに名前を書いて、服に貼ってください。」

後ろを見ると棚にガムテープとマジックが置いてありました。

雑な名札だと思いつつも、
名前を書きそれを服に貼ります。

続々とインターホンが鳴り、
部屋に入ってくる男性陣。

最悪の自体を予想していましたが、
至って「普通のホームパーティーで一安心。」

セルフサービスのドリンクを飲みつつ、
パーティーが始まるのを少し待つことに。

ホームパーティー開始

怪しいホームパーティーの様子

22:00開始を予定していたパーティーですが、
参加者の女の子が集まるのに時間がかかったのか、
20分ほど遅れて開始されました。

運営女「今日は足元が悪い中お集まりいただき、ありがとうございました。」

運営女「フランスで修行をしていた子が、秋の食材を使って美味しい料理を作ってくれます。」

運営女「美味しい料理とお酒で、いっぱい楽しんでいってください!」

乾杯の合図と共に始まるホームパーティー。

全体の参加人数

「全部で24名の人」がホームパーティーに参加していました。

  • 運営:4人
  • シェフ:1人
  • 男:13人
  • 女:6人

男女比はかなり悪いです。

企業が行う街コンや出会いの場所では、
中止や合同になってもいい比率です。

会場の雰囲気

コンクリート打ちっ放しの室内。

よくあるおしゃれなマンションといったところ。

家具や物があまり置いてないので、
大分広く見えました。

室内はクラブ系の音楽が流れていて、
とてもおしゃれな雰囲気。

プロジェクターで何か映していましたが、
何が映されているかわからず、
誰も見ていませんでした。

どんな年齢層の人が来てる?

男性は若そうな人が多く、
私のような「34歳のおっさんは少なかったです。」

一部30後半の男性もいましたが、
全体としては20代後半が多い。

女性は20前半の方もいれば、
20後半や30前半の方もいました。

年齢制限が設定されていないので、
男女共に年齢の幅が広いです。

女の子の容姿レベル

参加者の女の子は6人しかいませんでしたが、
「可愛い人は2人」ほどいました。

あとの女の子はいたって普通。

ブスでもデブでもなく、
どこにでもいそうな普通の見た目。

運営は4人の女の子がやっていたのですが、
その内1人は可愛かったです。

フランス料理はどうだった?

鮭のオードブル

お月見団子

  • 鮭のオードブル
  • 胸肉のサラダ
  • パスタ
  • 肉を何かで巻いたもの
  • 月見団子

出される料理全てが、
大きなアルミ皿に盛られて出てくるので、
フランス料理を食べている感覚はありませんでした。

よくあるパーティープレートの、
料理を食べているイメージ。

不味くはありませんでしたが、
どれも普通の味です。

デザートが見団子に生クリームとアンコを添えたもので、
手抜き感が見えて残念でした。

女の子と話をしてみた

合計6名の女性とお話しできました。

容姿ランク

S級(芸能人・モデル) 0人
A級(かなり可愛い) 0人
B級(普通~可愛い) 6人
C級(抱けない) 0人
D級(クソブス・超絶デブ) 0人

1人目 Aさん(27歳) B級

素朴な感じだけど、
来ている女の子の中では一番可愛かった。

たぴもち「こんにちは、ちょっと話しかけてもいいですか?」

素朴「大丈夫ですよ。」

たぴもち「こういうところ来たことあるんですか?」

素朴「何回か来たことありますよ。」

たぴもち「なんか怪しいと思わなかったの?」

素朴「初めて来た時は、友達と来たので不安はなかったですね。」

たぴもち「そうなんだ。」

たぴもち「俺、街コンで会った人に誘われてきたんだけど、
めちゃくちゃ怖かったよ。」

たぴもち「だってマンションの一室だよ。」

素朴「それはちょっと怖いですね。」

素朴「それだったら私行かないかも。」

たぴもち「だよねー。めちゃくちゃ焦ったよ。」

たぴもち「だけど普通の感じでよかった。」

素朴「ww」

たぴもち「今日は友達作りにきたの?」

素朴「ノリで来ました。時間もあったので。」

たぴもち「ノリなんだ。彼氏作りはあまり目的じゃない?」

素朴「私合コンしたいんですよねー」

たぴもち「へー、そうなんだ。」

たぴもち「前来た時は、いい感じだった?」

素朴「ラインとか何も交換せずに帰っちゃいましたw」

たぴもち「そういう感じなんだ。」

たぴもち「(・・・出会い目的というよりは騒ぎたい感じか。)」

たぴもち「ここって出会い目的の人とかいるのかな?」

素朴「どうでしょうかねー。みんな目的バラバラだと思うし。」

素朴「そこまでガチな人はいないんじゃない?」

  • ノリで来た
  • 出会い目的というよりは、合コンがしたい
  • 前回はライン交換してない
  • ガチな出会いは難しい

2人目 Kさん(29歳 運営) B級

一般的な容姿で運営の1人。

普通「こんにちは。」

たぴもち「こんにちは。」

たぴもち「こういうの初めてなんですけど、結構人数集まるんですねー」

普通「これは中くらいの規模ですね。」

たぴもち「このパーティーの目的って何ですか?」

普通「友達作りの場ですかね。」

普通「話しをしたい人が集まって、友達できたらいいかなーと」

たぴもち「どこかの会社を経由してやっているんですか?」

普通「全部個人です。」

普通「場所を借りて、企画、集客します。」

たぴもち「すごいですねー。」

普通「1人でやると大変なので、複数人で運営してるんですよ。」

たぴもち「なるほど。」

たぴもち「毎週やっているんですか?」

普通「私は月一ぐらいですね。」

たぴもち「場所はどこが多いんですか?」

普通「品川周辺が多いですね。」

たぴもち「なんで今日はここを選んだんですか?」

普通「部屋がオシャレだし、キッチンも立派だったので。」

たぴもち「確かに。ここオシャレですもんね。」

たぴもち「いつも料理人を呼んでるんですか?」

普通「いや、今日はたまたま彼がいたので。」

普通「いつもはケータリングとかを頼んでます。」

たぴもち「こういうパーティーが好きなんですか?」

普通「私、外国によく行くんですよ。」

普通「その時のホームパーティーが面白かったので、日本でもやってみたいと思って。」

たぴもち「なるほど。」

たぴもち「どのぐらい前から告知するんですか?」

普通「だいたい1ヶ月前ぐらいですね。」

たぴもち「目的意識が違う人が多い中で、婚活できると思います?」

普通「がっつりやるなら街コンの方がいいと思いますね。」

たぴもち「このパーティーの良いところって何ですかね。」

普通「友達の知り合い同士だから、安心して仲良くなれること?」

たぴもち「なるほど。」

たぴもち「話変わりますけど利益って結構出てるんですか?」

普通「そこまでは出ないですね。ほんの少しです。」

普通「利益目的よりも、みんなで仲良くなってもらいたい方が大きいので。」

たぴもち「えらいですね。」

  • 24人のホームパーティーは中ぐらいの規模
  • 全て個人企画
  • 開催場所は品川が多い
  • 気軽に友達作りできる場所を提供したい
  • 料理はケータリングをよく利用する
  • イベント開催するときは1ヶ月前告知
  • 月に一回ぐらい開催している

3人目 Yさん(30歳前半) B級

キレイめ系の可愛い女の子。
お酒を飲んでいて少し酔っていた。

たぴもち「こんにちは。」

ベンチャー「こんにちは。」

たぴもち「今日初めて来たんですけど、結構人集まっているんですね。」

ベンチャー「そうですね。私も初めて来て。」

たぴもち「仕事終わりに来たんですか?」

ベンチャー「ホームパーティーの帰りにきました。」

たぴもち「ここと同じようなパーティーがあったんですか?」

ベンチャー「いえ、そこは異業種交流会のようなものです。」

たぴもち「そういったものもあるんですねー」

たぴもち「場所はどこらへんですか?」

ベンチャー「五反田ですね。」

たぴもち「お酒とか飲まれたんですか?」

ベンチャー「シャンパン3本飲みましたw」

たぴもち「だいぶ飲んでますねw」

たぴもち「人はいっぱいいました?」

ベンチャー「この人数の倍はいましたね。」

たぴもち「50人ぐらい? 多いですね。」

ベンチャー「家も大きかったので。」

たぴもち「今日は出会い目的で来られたんですか?」

ベンチャー「そんな感じですね。」

ベンチャー「前回急遽、ここのホームパーティーキャンセルしてしまったので。」

ベンチャー「今回は行こうと思って参加しました。」

たぴもち「そうなんですか。」

たぴもち「もてそうなのに、彼氏いないんですか?」

ベンチャー「いないですw」

ベンチャー「私、海外が好きで、
ふらっと月一ぐらいの間隔で行っちゃうんです。」

ベンチャー「自由気ままな性格で。」

ベンチャー「なので、あまり性格が会う人がいなくて。」

たぴもち「自由人ですねw」

たぴもち「街コンは行かないんですか?」

ベンチャー「街コンとか苦手でw」

ベンチャー「結局何も話せないまま終わっちゃう。」

ベンチャー「ちょっとすみません。」

仕事の連絡が来たようで携帯をいじる。

ベンチャー「社長から連絡が来てて、申し訳ないです。」

たぴもち「いえ、大丈夫ですよ。」

ベンチャー「また会社戻ることになりましたw」

たぴもち「今からですか? もう21時ですよ。」

ベンチャー「社員も2人しかいないし。」

ベンチャー「そういう生活を3年ぐらいやってるので慣れました。」

  • 出会い目的で来た
  • 月一で海外に行くような性格だから彼氏ができない
  • 今回のようなホームパーティーは初参加
  • 仕事の時間が不規則
  • 街コンは苦手

4人目 Sさん(20代後半) B級

普通よりちょっと下ぐらいの容姿。

たぴもち「こんにちは。」

普通ちょい下「こんにちは。」

たぴもち「vip席に座ってますね。」

会場には一つソファーがあった。
他は椅子のみ。

普通ちょい下「そういうわけじゃないんです。」

普通ちょい下「ここ出られないんです。」

たぴもち「なるほど。」

両脇に男が座っているせいで出られないらしい。

たぴもち「唐突な質問ですけど、ここに何しに来てるんですか?」

普通ちょい下「私はコミュニケーション能力を鍛えるためですかね。」

たぴもち「コミュニケーション能力?」

たぴもち「セミナーとか勉強会じゃだめなんですか?」

普通ちょい下「こっちのほうが楽しそうじゃないですか。」

たぴもち「確かに。こっちの方が楽しいかも。」

たぴもち「コミュニケーション能力は鍛えられましたか?」

普通ちょい下「まーまーですかね。色々趣味とか聞きました。」

たぴもち「よかったですね。」

  • コミュニケーション能力強化の為に来た
  • 色々な人の趣味を聞いた
  • セミナーや勉強会よりも、楽しいを優先してこの場に参加

5人目 Oさん(22歳) B級

オタサーの姫みたいな格好をしている。
最初男に囲まれていた。

顔はあまり可愛くない。

たぴもち「こんにちは。」

姫「こんにちは。」

たぴもち「最初すごい人気ありましたね。」

「そんなことないですよw」

たぴもち「担当直入にお聞きしますけど、今日何しに来たんですか?」

「私もよく分かってないんですよ。」

たぴもち「えっ、分からないの?」

「とりあえず来てみなーって言われて。」

姫「なんとなく来ましたw」

たぴもち「そうなんだ。」

たぴもち「誘われた人と仲いいの?」

「街で声かけられたんですよ。」

姫「私が友達と買い物してたら、いきなり。」

たぴもち「街で? それはすごいねまた。」

姫「それで連絡先交換して。」

「今日来ちゃいました。」

たぴもち「へー。」

たぴもち「ここ来る時に、不安な気持ちなかったの?」

姫「喋って悪い人じゃないと思ったから特には。」

たぴもち「そうか。」

たぴもち「ナンパとかついて行ってない? 平気?」

「たまについて行っちゃいます。」

姫「とりあえず、ご飯はいいだろうと思って。」

たぴもち「出会いとか求めてるの?」

姫「特に求めてないですね。」

たぴもち「いきなり来てみてどう?」

たぴもち「また来たいと思う?」

「うーん。来たいとは思いませんね。」

たぴもち「だろうね。」

  • よく分からないけど来た
  • 運営(女)から街で声をかけられた
  • ナンパもたまについていく
  • 出会いは求めていない
  • もう一回来たいと思わない

6人目 Rさん(29歳 運営) B級

ショートカットできつめの感じだけど、
なかなか整った顔立ちをしていた。

ショートカット「大丈夫ですか、楽しめていますか?」

たぴもち「大丈夫ですよ。楽しんでます。」

たぴもち「色々な人がいて、すごいなって思ってました。」

ショートカット「そうですか?」

たぴもち「ショートカットさんは、何を目的にこのイベントを開いてるんですか?」

ショートカット「私の友達が、新たな友達を作るのを見たいからです。」

たぴもち「だけど、難しそうですよね。」

たぴもち「来た目的がちがう人が多いと、何話していいか分からないし。」

ショートカット「そんなの全部自分次第じゃないですか?」

たぴもち「確かにそうですね。。」

  • パーティーを開く目的は、自分の友達が友達を作って欲しいから
  • 目的が違う人がいても自分次第
  • 多少レズっぽい

まとめ

マルチや勧誘目的のパーティーではない

複数人のパーティーオーガナイザーが、
「ホームパーティー」を開催しているだけでした。

マルチ商法や宗教の勧誘、
最悪の場合も想像していたので、
普通のパーティーだと分かった瞬間すごく安心しました。

色々な人が来ている

男とはあまり話していないので、
何目的で来てるかわかりませんが、
大半は出会い目的でしょう。

むしろそれ以外はないと思います。

それに対して女性は、

  • ノリで来た
  • 出会い目的で来た
  • コミュニケーション能力強化
  • なんで来たのかわかってない

という理由でパーティーに参加していました。

運営を除いて4人中1人が出会い目的。

その1人もだいぶ癖が強かったです。

連絡先交換は出来た?

「全くしようとは思いませんでした。」

その場で連絡先を交換しても、
次に繋がる確率は0に近いです。

理由は「女の子が出会いを望んでいないから。」

出会い目的の場所で連絡先を交換しても、
次に繋がる確率は「5人に1人」

「10人に2人」いれば良い方です。

そんな確率の低い場所で連絡先を交換しても、
やるだけ無駄でしょう。

出会えるのか?

無理だと思います。

出会えるとしてもかなりの低確率。

理由として

  • 年齢を制限していない
  • 男女比率がひどい
  • 出会い目的の女の子が少なすぎ
  • 運営がイベントに参加する
  • 誰に何を提供するイベントか分からない。

年齢を制限していない

年齢制限をしていないので、
22歳の女の子もいれば、
30前半女の子もいます。

22歳の女の子が、
34歳の男と付き合いたいと思いますか?

可能性は低いでしょう。
どんなにイケメンだとしても、
10歳以上の年齢差は相当苦労するはずです。

男女比率がひどい

男性13人に対して女性が6人。
効率よく話を話せる環境ではありません。

男は人気女性の取り合いになりますし、
女性は多くの男性の、
話し相手をする羽目になります。

出会いの場所では、
男女比率は同数がベスト。

全くの同数は無理にしても、
13人の男性がいれば、
女性は9〜10人は欲しいです。

出会い目的の女の子が少なすぎ

私が話した女の子4人の内、
出会い目的の女の子は1人でした。

母数が少なければ、
確率は上がらないのは当たり前。

出会うには女の子も出会いを求めている場所で、
活動するに限ります。

運営がイベントに参加する

私は声を大にしていいたい。

「運営はイベントに直接参加するなと。」

お前らと話したって得るものは何もない。
逆に失うのは女の子と話す時間だ。

参加者の男性と話す時に、
話している行為自体をなんとも思わないようじゃ、
「今すぐにイベント運営はやめたほうがいい。」

「運営はお客様を盛り上げてなんぼの商売」

どうすればお客様が喜んでくれるか?
また来たいと思ってくれるか?

そのことを第一に考え、
イベントを企画し集客します。

そして、楽しんでもらった代償としてお金をもらう。

この当然の考えが分かってなさすぎ。

誰に、何を提供するイベントか分からない

人を集めて同じ空間に入れれば、
友達ができたり恋人ができるわけではありません。

「そこでどうするかは全部自分次第ですよ。」

と言われても、
納得する人はいないでしょう。

フランス料理を楽しむイベントであれば、
少人数にして着席形式にする。

友達を作るイベントであれば、
共通の趣味を持った人を集める。

出会いの場所を提供するなら、
男女比率と年齢を合わせる。

どうすればより目的を達成しやすい状況になるのか。

その状況を考えお客様に提案することが、
本来の運営の役割だと思います。

私はお金を払ってイベントに参加する以上は、
それなりの成果を求めます。

成果の見込めない場所で、

「そこでどうするかは全部自分次第。」

と言われれば、

「次はイベントに参加しない」

という選択をとります。

街コン方が手堅い

街コンは出会い専門の会社が開催しているので、
怪しい勧誘やマルチ商法に誘われる心配もありません。

運営が街コンに直接参加し、
「あなたの貴重な時間を奪うこともないでしょう。」

男女の年齢の制限もあるので、
年齢制限以上の女の子が、
参加することもありません。

そして一番重要な「出会い目的の女の子」
街コンには参加します!

出会い目的なら手堅く街コンに、
参加するのが良いと思います。

出会いを求めて街コンに少しずつ参加

私が一番最初に利用した出会いのサービスです。
街コン全盛期だったので300対300とかが普通でした。

商店街を練り歩くタイプだったので、
足がすごい疲れたことを覚えていますw

今はそこまで人数が多い街コンはありませんが、
「まだまだ使える出会いのサービス」だと思います。

現在も時間を見つけて随時参加中。

主催企業で街コンは180度変わる!

街コンは企業によって激しく当たり外れがあります。
参加した中で「もう二度と行くか!」
と思うものもありましたのでお気をつけください。

私がもう二度と行きたくないと思った主催企業

めり乃 横浜店 外観アニスタ主催|土曜昼開催の横浜街コンは最悪でクソ男も参戦してた話機嫌が悪いバットをもつ少年婚活パーティー会社のおとコンはまじで最悪。交通費が無駄になった話シャンクレール平日個室パーティー 烏龍茶シャンクレール主催|平日横浜開催の個室パーティーが最悪だった話

街コンで来ていく服装

街コンで来ていく服装は、
「スーツとオフィスカジュアルでOK」だと思います。

結構評判良いのでおすすめ。

スーツのマネキン街コンで着るべき30代男性の服装は、休日と平日で二種類あれば十分!

体型が格好よいとさらに高評価!

街コンで大事なのは第一印象です。
いくらトークが上手くても第一印象がだめなら、
連絡先を聞いても次に繋がりません。

私はメタボ対策も兼ねて、
「ランニングと筋トレ」をなるべくするようにしています。

もし体型に自信がない方は少しでも、
体を絞ることを考えてください。

「女性からの印象がだいぶ変わります。」

太っている男性が人を威嚇している街コンで彼女ができない30代男性は、まずは自分の体型を意識しよう

上手くいけばエッチできることも

今まで街コンでエッチしたことなんてないんですが、
奇跡的にエッチできました!

これからもどんどんエッチしていきたいです。
(ただの変態発言)

横浜ラブホ内装街コンで会った20代後半の女の子と初デート当日にエッチ出来た話

街コンの料金を節約したい方

街コンの料金てそんな安くないんですよね。

そんな時はメンズパスを使いましょう。
月に500円かかりますが利用する価値はあります。

私も月に4回以上いくと25,000円以上かかることもあるので、
月に「2,000円〜3,000円」ぐらい節約になっています。

大人数の人と乾杯する街コンの料金を安くしたいなら、街コンジャパンのメンズパスと婚活フリーパスが一番おすすめ!

出会うには行動あるのみ

私は自分で参加して本当にクソだった街コンを批判します。

私がクソだと思った街コンも他人から見れば、
良いと思う人もいるかもしれません。

まずは自分の足で現地に行って、
自分の目でどのようなものなのか見るべきです。

「行動を起こさなければ何も起こりません。
行動を起こし続ければ必ず結果が出ると私は信じています。」

【街コンジャパン】1回の合コンより1回の街コン。平均4組と出会えます!

街コンがダメなら次の選択肢を考える

出会いのサービスは常に増え続けます。
街コンに限らず色々な出会いサービスを利用してみてください。

「あなたに会う出会いサービスがきっと見つかると思います。」

婚活バー

私は「横浜」に近いので「横浜近辺」の婚活バーを開拓中。
自分で攻める部分が少ないので初心者でも楽しめます。
(スタッフの方が自動的に女の人を紹介してくれます。)

一人で行ってもそんな浮きません。

横浜関内 婚活バーエスカルゼ 外観横浜関内の婚活バー、エスカルゼに平日行ったら裏事情を知ってしまった話横浜ダイニングバーエルアルバのカクテル婚活バーエスカルゼで知り会った33歳経理の女性とご飯に行った話

相席ラウンジ

時間で課金されてしまうので、
「長時間いると料金が高くなります。」
来ている女の子のレベルもバラバラですが、
「かなり可愛い子」と話すこともできます。

一人で行くのであれば平日の午後8時〜10時がおすすめ。

オリエンタルラウンジ横浜外観金曜の開店直後に一人でオリエンタルラウンジ横浜に行ったら以外に空いてた話オリエンタルラウンジイブ新宿外観土曜の終電後に一人でオリエンタルラウンジイブ新宿に行って悲しくなった話

アプリ・サイト

ネットは文章と写真が全てなので、
現実の出会いより「難易度が高め」な気がします。

PCMAX

PCMAXログイン画面PCMAXって会える?初心者が初挑戦で4,000円課金した結果を大公開!アリトルのタピオカin横浜PCMAXの24歳ブラジル人ハーフ女と会ったら性格がぶっ飛んでた話

ペアーズ

ベンチで頭を抱える男性ペアーズを初めて2週間だけど、誰とも出会えないから理由を考えてみる

「ぜひあなたも色々な方法で、女性との出会いに挑戦してみてください!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です