ペアーズで返信が来やすい初回メッセージの内容【例文を交えて解説】

スマホを気にする会社員

Pairs(ペアーズ)で初回メッセージの返信が来ない人

恋活・婚活マッチングアプリのPairs(ペアーズ)をやっているのですが、マッチングした後女性に初回メッセージを送っても、何も返信がありません。どのようなメッセージを送れば女性から返信が来るのですか?できれば例文とかを交えて内容を教えてもらいたいです。

このような疑問にお答えします。

私は女性とエッチ(ヤリモク)するために街コンや婚活パーティーといったリアルな出会いと、マッチングアプリやサイトといったネットの出会い系を利用している30代のおっさんです。

実績はまだ少ないですが、初デート当日にエッチする事もできました。

今回は婚活マッチングアプリのPairs(ペアーズ)ではどのような初回メッセージが女性から返信されやすいのか、例文を交えて解説していきたいと思います。

本記事では以下の内容を理解できます。

  • 返信される初回メッセージの内容
  • 具体的なメッセージの例文
  • 初回メッセージを送る際の注意点

飲食店の店名(商品名を含む)を入れると返信率がグンと上がる

Pairs(ペアーズ)の初回メッセージの書き方やコツを紹介するサイトは、一般的なことしか書かれておらずどれも似たような初回メッセージになってしまいます。

例えば以下のような内容です。

  • いいねをした理由
  • 共通点について話題を振る
  • いいねに対してのお礼
  • 質問事項

大きくは間違っていませんが、これらの内容はPairs(ペアーズ)の公式サイト「Pairsコラム」にも似たようなことが書かれていました。

これではPairs(ペアーズ)にいるその他大勢の男性とは差別化できません。

そこで私がおすすめするのは「飲食店の店名(商品名含む)を入れること」です。

飲食店の店名(商品名を含む)を入れることで、女性の興味を引きつけ他の男性との差別化を目指します。

飲食店の店名(商品名を含む)とは

飲食店の店名(商品名を含む)といってもそこまで難しく考える必要はありません。

どこかしらに存在する飲食店の店名(商品名を含む)を使えば良いだけの話です。

私がよく使う飲食店の店名(商品名を含む)は以下の通りです。

  • 大戸屋
  • CoCo壱番屋
  • 鎌倉パスタ

どこかで聞いたことがあると思いませんか?

このような飲食店の店名(商品名を含む)を自分で考え、初回メッセージに入れるのです。

飲食店の店名(商品名を含む)が効果的な理由

飲食店の店名(商品名を含む)を初回メッセージに入れるのは、以下の理由からも効果的です。

  • 差別化&場面を想像させて自然に返信させる
  • どんな女性に対しても使うことができる
  • 食事に誘いやすい

それぞれ簡単に説明します。

差別化&場面を想像させて自然に返信させる

飲食店の店名(商品名を含む)を初回メッセージに入れることで、Pairs(ペアーズ)にいる男性とは違ったアプローチができます。

多くの男性は女性に対してのお礼や、いいねに対しての理由を書きますので、飲食店の店名(商品名を含む)はかなり目を引きます。

例えばカフェ巡りが好きな女性がいた場合はどうなるでしょう。

通常バターンと飲食店の店名(商品名を含む)入りパターンの、初回メッセージの違いは次の通りです。

通常「カフェ巡りが好きなんですね。 私もよくカフェに行きますので、仲良くなったら今度一緒に行きましょう!」

飲食店の店名(商品名を含む)入り「カフェ巡りが好きなんですね。私もコメダ珈琲によく行きますので、コーヒーと一緒にシロノワールを食べます。コーヒーとの相性は抜群なので、仲良くなったら今度一緒に行きましょう!」

人は具体的な内容や名称があると、その場面を想像したり記憶の中の引き出しから情報を探そうとします。

上記メッセージのポイントは、「コメダ珈琲」「シロノワール」です。

コメダ珈琲に詳しい人であれば、シロノワールと聞いて「あの大きいデザート一人で食べれるんだ。」という感想を持ったり。

コメダ珈琲やシロノワールを知らない人は、気になってネットで調べたり「私は行ったことないけど、美味しいんですか?」という疑問を持つと思います。

飲食店の店名(商品名を含む)を出すことによって、女性に対してその場面や商品を想像させることができます。

そのような場面を想像をさせることができれば、女性は自然とメッセージを返信してくれるでしょう。

どんな女性に対しても使うことができる

女性はカフェ巡りや飲食店でご飯を食べることが好きです。

私もよくPairs(ペアーズ)で女性のプロフィールを見るのですが、趣味の欄に(カフェ巡り・食べ歩き)と書いてある人が多いです。

女性であれば飲食店の話題を嫌う人はまずいません。

アニメや映画・ドラマや音楽、その他の趣味を持っている女性にアピールするときも、食べ物やスイーツの話題は使えます。

専門的な知識を持っていなくても、その女性とメッセージすることを諦めてはいけません。

まずは身近にある食べ物やスイーツの話題を出し、徐々に仲良くなっていきましょう。

どんな女性に対しても無難に使うことができるので、どんどん飲食店の店名(商品名を含む)を入れた初期メッセージを使ってみてください。

食事に誘いやすい

飲食店の名前を初回メッセージに入れる一番の目的は、やはりこれに尽きます。

最初から食べ物の話題を出しておけば、効率よく食事の約束をすることができます。

また、ちょっとおしゃれなお店やカフェの店名を出せば、女性の方から「行ってみたい」と言われるかもしれません。

食事に誘う流れとしては以下を参考にしてみてください。

  • 1、初回メッセージで飲食店の店名(商品名を含む)を入れる
  • 2、普段どこでご飯食べるのか聞く
  • 3、今度行ってみませんか?と誘う
  • 4、会う日時の詳細を決める
  • 5、実際に会う

最初から飲食店の話題を出しているので、食事に行く約束もメッセージの中で自然にできます。

Pairs(ペアーズ)のメッセージで中々女性と会う約束が切り出せない人にもおすすめの方法です。

初回メッセージの一例

飲食店の店名(商品名を含む)を入れた初回メッセージの一例です。

○○さん こんばんわ! ○○と申します。

いいねありがとうございます。今日の夕食は大戸屋で「鶏と野菜の黒酢あん定食」を食べました。人気ナンバー1の商品だけあって、安定の美味しさで満足しました。どうぞよろしくお願いいたします。

ありきたりな初回メッセージよりも少しは食事している場面が想像できたと思います。

このような短い文章でも、「大戸屋」「鶏と野菜の黒酢あん定食」というキーワードが入るだけで、だいぶ返信しやすくなったはずです。

Pairs(ペアーズ)のメッセージを攻略するサイトでは、最後は質問で終わるのが良いと書いてありますが、それが全てではありません。

もちろん質問すること自体は良いのですが、別に質問をしなくても相手が返信したくなるメッセージを、送ることができればそれで良いのです。

以下のようなポイントに気をつけて初回メッセージを書いてみてください。

  • 1、相手の名前を入れる
  • 2、自分も名乗る
  • 3、マッチングしたお礼は言う
  • 4、飲食店の店名(商品名を含む)を入れる
  • 5、締めの挨拶

この中で一番重要なのは飲食店や商品について、自分の意見を言うことです。

上記では客観的なキーワード「人気ナンバー1の商品」に対して、私の意見「安定の美味しさで満足しました」と言いました。

自分の意見を入ることで、相手に対して味や商品を想像させます。

大戸屋を知っている人は「鶏と野菜の黒酢あん定食は美味しい」と思うだろうし、知らない人は「それってそんなに美味しいの?」と思うかもしれません。

その場面を想像させることで、女性から自然にメッセージを返信してもらうようにします。

全ての女性が返信してくれるわけではない

私も色々な工夫をしながらPairs(ペアーズ)の初回メッセージを送っていますが、悲しいことにどんなに頑張っても、メッセージを返信してくれない女性も一定数います。

特にPairs(ペアーズ)のような定額制の出会い系サイトは、ポイント制の出会い系サイトと比べて一通のメッセージの重さが驚くほど軽いです。

女性も日々Pairs(ペアーズ)で何通ものメッセージをもらっているのでしょうから、全てに返信していればキリがありません。

「10人の女性とマッチングして3人しか返信メッセージが返ってこなかった。」

という場合を除き、そんな時は素直に連絡を取ることを諦めましょう。

初回メッセージを送る際に気をつけること

女性が嫌いな食べ物の店名は使わない

Pairs(ペアーズ)にある女性のプロフィールに、「コーヒーはあまり好きではありません」と書いてあるのに、「コメダ珈琲」という店名を使ってはいけません。

また、ベジタリアンな人に対しても「焼肉キング」といった、焼肉店の店名を使うのはやめましょう。

初回メッセージで飲食店の店名(商品名を含む)を送る際には、事前にプロフィールを見ておくのが基本です。

食べ物の好き嫌いが書いてあった場合は、嫌いな食べ物ではなく、好きな食べ物を扱っている飲食店の店名(商品名を含む)を使うべきです。

もし何も書いてない場合は、自分の作ったテンプレートで初回メッセージを送ってみてください。

女性がアクティブではない時間に送らない

基本中の基本ですが、Pairs(ペアーズ)で初回メッセージを送る時間は午後7時から10時の間が理想です。

大体の社会人は会社が6時ごろに終わり、帰りの電車や帰宅してからPairs(ペアーズ)をやります。

午後7時から10時以外の時間に初回メッセージを送っても、他の男性が送った初回メッセージに埋もれてしまうかもしれません。

ターゲットによって返信する時間帯を変えた方が良いというサイトもありますが、私の意見は一律午後7時から10時です。

祝日や休日である土日も関係なく、後7時から10時の間に送っておけば間違いありません。

飲食店の店名(商品名を含む)しか送らない

Pairs(ペアーズ)の初回メッセージに飲食店の店名(商品名を含む)を入れることの重要性は上記でもいいました。

しかし飲食店の店名(商品名を含む)のみを入れて送るのはやめましょう。

例えば以下のような初期メッセージです。

○○さん こんばんわ! ○○と申します。

いいねありがとうございます。今日の夕食はサブウェイでした。どうぞよろしくお願いいたします。

自分の意見を言わなければ店名や商品名を使う意味がありません。

「そのお店に行き、何を食べてどう思ったのか?」

という感情があることで、初めて女性はメッセージに対して返信したいと思います。

感情を表すならば以下のようなメッセージになります。

○○さん こんばんわ! ○○と申します。

いいねありがとうございます。今日の夕食はサブウェイの「モ~ッツァレラ・クリーミーチキン」でした。この商品は3種類のチーズが入っているらしく、チーズ好きの私にはとても美味しく感じました。どうぞよろしくお願いいたします。

店名と商品名を言うだけならば誰にもできるので、返信してくれる確率も下がるでしょう。

Pairs(ペアーズ)の初回メッセージに飲食店や商品名を入れる場合は、必ず自分の意見を入れるようにしてください。

まとめ

Pairs(ペアーズ)の初回メッセージに飲食店の店名(商品名を含む)を入れれば、女性からの返信率はグンと上がります。

使い方次第では効率よく食事の約束をすることもできますので、一石二鳥と言えるでしょう。

初回メッセージを送る際の注意点や、具体的なメッセージの例文を参考に自分だけのフォーマットを作ってみてください。

Pairs(ペアーズ)は女性と実際に会ってからが勝負です。

くれぐれも初回メッセージの段階でつまずかないように気をつけてください。

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です